玉止め

パッチワークサイト 楽しむキルトノート
楽しむキルトノートサイトマップ無料型紙 楽しむキルトノートについて・・・

楽しむキルトノートトップパッチワークレッスン> 玉止め

玉止め

玉止めは縫い終わった糸を 2.3周巻き付け糸の玉を作り糸が抜けないように
する糸の始末です。
手縫いをしていると縫い終わりはほとんど玉止めで終わります
ピースワークや、キルティングも最後に玉止めで終わります
布の上で玉止めしたりする方法や、
布の中や布裏に隠す玉留めなども紹介しています。





玉止め

玉止め 1
@縫い終わりに針を置きます。
玉止め 2
A糸を針に2,3周巻きつけます。
玉止め 3
巻きつけた糸を
上は親指で下は人差し指で
押さえながら下にもっていきます。
玉止め4
玉留め完成です。余分な糸を切ります。



玉止めを隠す

 玉止め 隠す
玉留めを隠す場合は、糸を切らず玉留めした近くに
針を差し入れます。
 玉止めの画像
針を下まで刺した状態です。
 玉止め隠す方法
玉留めを引っ張り布の裏側にいれます。

 玉止め隠している状態
布を裏から見た状態です。
玉留めが裏にきたら余分な糸を切ります。

キルティングで玉留めを隠す場合

 玉止めキルトで隠す方法
縫い始めなどの場合、
少し離れたところから針をいれ、
縫いたいところに針をだし、
玉結びをひっぱり布の中に隠します。
それから縫い始めます。
 
 パッチワーク玉止め隠す
逆に、糸が終わると、玉止めをして、
針を布の中にくぐらせ別の場所に出し
玉止めをひっぱり布の中に玉止めを隠します
 

玉止めのコツ

玉止め 1

玉止めができない・苦手な方も多いと思いますが、
玉止めはなるべく布の真上に作りたいので、
縫い終わりの真上に針を置き、2.3周糸を巻きます。
この時に、ゆるんだりしたら浮いた感じになるのであそびがないように、
親指でしっかり巻いた部分を押さえながら針を引きます。
慣れないうちはゆっくりからまないように引いてください。






関連リンク Q 玉結び    Qパッチワーク動画キルティング1 







  楽しむキルトノートトップパッチワークレッスン玉止め