パッチワーク型紙作り

パッチワークサイト 楽しむキルトノート
楽しむキルトノートサイトマップ無料型紙 楽しむキルトノートについて・・・

楽しむキルトノートトップパッチワークレッスンパッチワーク型紙作り

 パッチワーク型紙に作り








パッチワーク型紙作りはクリアホルダーを使うと便利!


パッチワークの型紙も色々取る方法があるとは思いますが、
私のパッチワーク型紙の取り方の紹介です。

型紙を作るための道具でもご紹介していますが、
製図は100均の方眼紙と、クリアホルダーを使っています。

方眼紙は、やっぱり100均なので、正確さでいえば、
きちんとした文房具店で売っているものがいいと思います


私の場合そんなに気にならないので、100均ものを
使っていますが・・。
そこはどちらでもお好きなほうを。。。

では方眼紙まず製図します。
製図といっても、私はあまり難しい製図はしません。笑
難しいパターンの場合だと、本の型紙のコピーとかで済ませますし、
もちろんパターンの勉強のためには、製図はした方がいいとは
思いますが、計算が面倒で・・・それこそ√とか出てきたら
・・・・・になってしまいます。


比較的簡単なもの
四角パッチや、簡単に製図できるものは方眼紙に書いて、
クリアホルダーに写します。

このように、製図したものの上にクリアホルダーを置いて、
線を引きはさみで切ります。

クリアファイルのまっすぐな面がありましたら、一面でも合わせて、
ください。そのほうが正確になります。

クリアホルダーの型紙は、何度も使え強いです。

生地が見えるので好きな柄などを上手く配置できます。

クリアホルダーの性質上鉛筆だと少し見えにくいので、しっかり書いてください。
ボールペンなどで書いてもいいとおもいます。

この型紙の場合は、縫い代は、自分で目分量です。
布に、印をつけたら、目分量で7mmくらい外を切ります。

もちろん簡単に、厚手の方眼紙でもつくれますよ。
色々試してみてください






関連ページ Q  印しつけについて Q どんな道具を揃えるの? 






  楽しむキルトノートトップパッチワークレッスンパッチワーク型紙作り