パッチワーク色と柄の組み合わせ

パッチワークサイト 楽しむキルトノート
 楽しむキルトノートサイトマップ無料型紙 楽しむキルトノートについて・・・

楽しむキルトノートトップパッチワークレッスン> パッチワーク色と柄の組み合わせ

色と柄の組み合わせ






基本的なコツみたいなのもののお話です。

パッチワークは組み合わせる色と柄でお互いをより引き立てることができます。

これが上手くじぶんでしっくりくると、すごく嬉しいんですよね。

布の足し算引き算で思ってもみない、色合いや組み合わせが出来たり

出来た時の嬉しさもまたパッチワークの楽しさでもありますよね。



パッチワーク 配色
布のみみにあるOOOOのところの色を参考にする。

本でも良く紹介されてますが
これは布で使った色が記されています。
布でも使っている色なので、その色を参考にして、色の組み合わせをすることができます。

パッチワークの色あい  濃い色・薄い色・中間色に分かれます。 
   大柄・小柄 無地 ストライプ・チェック・水玉 ほかイロイロ〜



ここでポイントは同じ柄同士や同じ濃さの色を組み合わせると、インパクトがないものや
強すぎて、布同士の魅力が失われたりする場合がある
ということ


だから基本2色使いの場合は

濃い色X薄い色
中間色X薄い色
濃い色X中間色








色合いは重ならないようにすると合わせやすいです。
そこをふまえ、柄も合わせてみます。

柄も同じ柄同士ではなく、組み合わせる、色と合う柄を選ぶようにしています。
そこらへんは個人のセンスや個性などが光りますね。
淡い色同士でステキな色合わせする作家さんもいらっしゃるし。。。

最初は何を選べばいいかわららないと思いますので
メインに生地を選び、好きに組み合わせてみて、少しずつ、縫ってみることだと思います。


私の場合は大体濃い布や、主役にする生地を先に決めておいて
後の脇役の布を選ぶ。。。といった感じでしょうか。
もちろん逆の時もありますが。。。
パッチワーク 配色1  濃い色X薄い布
オーソドックスな、濃い色と、薄い色の組み合わせ。薄い色は、 小柄や大柄を使っていますが、左上だけ
柄の大きさが同じくらいですが、
色が濃いX薄いの組み合わせで
なんとかしっくりきてます。
 パッチワーク配色 チェック チェックX薄い布
 細かいチェックが以外と使いやすいんです。色の主張も適度にあり
薄い色の柄を
引き立てるように思います。

 パッチワーク 柄をメインに1パッチワーク配色 柄をメインに2 柄をメインに
あと、柄をメインに持ってくる場合。
それだけで主張してくれますが、
下の画像のように、周りにもってくる布の柄を工夫すればリースを表現できたり。

最初は、簡単なパターンで濃い色と、薄い色の組み合わせをたくさんして
なれてきたら、中間色などをあわせるてイロイロなパターンに挑戦してもいいかも。。。

濃い色X中間色X薄い色

ちなみにこのパターンは濃い色の配色から他の生地を選んでいきました。
ブルー系の生地と、ピンクの大柄を使っています。
パッチワークの配色2

私も毎回布を合わせるごとに、新しい発見がいっぱいです。
この発見が色合わせの楽しいところでもあるんですよね♪







関連リンク Q パッチワークの配色について









楽しむキルトノートトップパッチワークレッスン色と柄の組み合わせ