袋縫い

パッチワークサイト 楽しむキルトノート
楽しむキルトノートサイトマップ無料型紙 楽しむキルトノートについて・・・

楽しむキルトノートトップパッチワークレッスン> 袋縫い

袋縫い




パッチワークレッスンのページに入れていますが、主に、ハンドメイドソーイングなど

袋縫いは縫い代の始末の方法のひとつです。


袋縫いは、2度縫いで一度目の縫い代が中に入り見えないようになります。
丈夫ですし、ジグザグミシンで縫い代が見えるのがちょっと。。。って思っている方はお試しください。

袋縫い やり方


袋縫い縫い方
実線に対して1.5センチの縫い代をつけます。
袋縫い縫い方2
外表(両面表)にして、ミシンで0.7mmに合わせ縫います。
 袋縫い縫い方3
縫ったら縫い代を5mmにカットします。
袋縫い縫い方4
縫い代をアイロンで割ります。
袋縫い縫い方4
今度は中表(中に来る布が両方表になる)にし、縫い目で折り 
アイロンで押さえ最初に引いた実線を縫います。
中に縫い代が入った状態になります。
袋縫い縫い方5
袋縫い縫い方6
袋縫い縫い方7
完成。表も裏も縫い代が始末されています。


私はストールを作る時に袋縫いをして繋いだり、
裏布をつけないバックを作る時なども、縫い代の始末を
ジグザグ縫いではなく、袋縫いで作ることがあります。
手縫いでもできるので便利です










  楽しむキルトノートトップパッチワークレッスン袋縫い