ラップフープ

愛用中のラップフープの紹介です。

パッチワークサイト 楽しむキルトノート
楽しむキルトノートサイトマップ無料型紙 楽しむキルトノートについて・・・

楽しむキルトノートトップ楽しむキルトノート>ラップフープ


ラップフープ




愛用の ラップフープです。かれこれ5年以上使っています。

フープのページでも紹介していますが、2つ目に買ったフープです。

使い心地を重視してラップフープを購入


このラップフープを買ってから使い心地はどう?って聞かれることがよくあります。
いいよ〜とよく答えるのですが、
近くの方だとこのラップフープを試してみる?と貸してあげたり
出来るのですが
ネットではなかなかそうはいきません。笑


皆さん思うこと・・・使いこなせるかどうか。どれくらい楽なのか?便利なのか。。

なかなかパッチワーク道具の中ではスタンドフープやラップフープは
大きなお買い物なので、購入するのにイロイロなやんだりしますよね。

フープならなおさら。。。もともと普通のフープで十分かな?とか
思っていましたし。。。でも、パッチワークも長く続けていると、
欲しくなってくるんですよね。スタンドフープとか。。。なので二つ目のフープを
当時通っていた先生と相談して使い心地を重視してラップフープを購入決定しました。。



最初にラップフープが家に来たとき、周りには使っている方はいなかったし。。。
正直どう扱うのかいまいち分かりませんでした。

でも使ってみると普通のフープより使い心地がよくてそれからは
ずーっと愛用してます。


それではラップフープってどんな感じなのか・・・
ラップフープ
まず金具部分
この二つの金具をゆるめることにより角度が自由に動かせます。
あまりゆるめすぎると、フープに力を入れる事に、その方向に動いてしまいます。
(そうするとかなり縫いにくい!)

では角度決め、金具をギュっと閉めちゃうと、
丁度良い角度のキルティングが終わってしまうと、またまた
金具を動かさなくてはいけないので・・・

少し力を加えたら、動く程度に金具を調節しています。
手で動かしてみて、動く程度にしています。
(私の使っている感じなので、自分で使い勝手が良いように調節してみてください)


ラップフープ
さてさて金具のした部分を見てみましょう。
この丸い部分で、フープが、円滑な動きが出来るようになっています。


ラップフープは、手軽に、ひざに置いて、キルティングが出来ることで
とっても姿勢が楽にキルティングすることが出来ます。

枠と、ラップフープ本体がヒザの上で方向転換出来るのでフェザーの時とかにも便利なんです。

こたつでも、ひざに置いてキルティングができます。

いちいちフープを置かなくても、ひざにおいたまま両手が使えて
糸を通したり、ハサミで糸を切ったりするのに楽です。

角度も、調整できるので微妙に動かしたい時も動かせます。




反面、ちょっと気になる事も紹介しておきます。

この
角度が動くとぎーぎーと木の音がします。

最初に買った頃はとっても気になりましたが、
そのうち、音も気にならなくなったのか、木の摩擦が減ってきたのかは不明ですが、
音は気にならなくなってきました。
(相変わらずぎーぎーいいますが。。。笑)



材質がヒビが入ったりしやすい材質のようでした。

5年間で壊れたのは、ゴムでくくりつけている部分
この部分にヒビが入ってしまい、割れてきてしまい自分で修理しました。
木工用ボンドをつけ太い輪ゴムでくくりつけてます

枠の部分も、われちゃったのですが、
もともと使っていたフープと同じ大きさだったので、代用して使っています。

あたりが悪かったのかな〜
それとも扱いかも・・・笑

気をつけるようになってからは、ヒビとはか入らなくなりました



あと普通のフープのお値段より、高価なお値段となります。

キルティングを楽に・・・
そして、角度がつけれるアイディアなどを考えるとそのくらいするのかな?とも思います。


なんといってもキルターに優しいフープだな。。。と思います。
考え作ってくれた人に感謝です。。


外部リンク エム・シー・スクエアより ラップフープ









  楽しむキルトノートトップ楽しむキルトノートラップフープ