ピースレイアウター

パッチワークサイト 楽しむキルトノート
楽しむキルトノートサイトマップ無料型紙 楽しむキルトノートについて・・・

楽しむキルトノートトップ楽しむキルトノート>ピースレイアウター

ピースレイアウター



参考商品


数年前から使っているピースレイアウター のご紹介です。

これは布合わせにとっても便利なんです!


 
  • 中に配色しておいてピースワークの時に使う(直ぐ縫いはじめれる)
  • たたんで収納できて、場所を取らない
  • 配色したまま持ち運びたい時など(外出や教室など)
  • 布は何度もくっついたりはがせたりするので、壁にかけて配置をチェック
  • 難しい配色やグラデーションをつけたりしたい時など。


このピースレイアウターは布がぴったりくっつく特殊な布で出来ていて
布を置いてみるとなんとなく静電気でくっつくのかな?と
思うくらいのくっつき感なので、置いたりはがしたりするのも簡単に出来るんです!
あ。。。静電気みたいにパチパチはしません 笑




ピースレイアウターの上にカットした生地を置いて
色あわせすると生地がずれないで色合わせすることが出来ます。

まぁここまではパッチワークボードでも代用できるかな。。。


ピースレイアウター1
今回は手持ちが簡単なハギレなどを並べていますが、
たくさんのピースがあり配置も決まっている場合のレイアウトなどにも・・・
中に配色しておいてピースワークの時に使う(直ぐ縫いはじめれる)
ピースレイアウター2
ピースレイアウターの上には薄い紙を挟まないと
生地がバラバラになってしまいます。購入した時に中の紙が付いている
場合とない場合があるようです。私が使っていたのは、もうぼろぼろになって
しまったので、新しくハトロン紙 を挟んでみました。
これでピースレイアウター同士の布のくっつきを防ぐ事が出来ます。

参考商品リンク☆ハトロン紙

大きい模造紙でも代用は出来ると思いますが、やはり少し薄い感じの紙がいいと思います。
ハトロン紙や、新聞紙みたいな紙質のものが使いやすいです。
でも新聞紙だと汚れが心配ですよね。笑

この中の紙は必ず挟んでね。

折り目をつけずにふんわりたたみます。

ピースレイアウター3
たたんでいくと小さくコンパクトにまとまりって小さく収納できます。

この上で、ピースワークして、時間があるときなどに、
パッとピースレイアウターを開いて、ピースワークが再開できます。

これが私の一押しの使い方です。

たたんで収納できて、場所を取らない


ピースレイアウター4
ためしにまた開いてみました。生地はそのままです。



まれに、たくさん生地を置いた時や、小さいピースなど開いた時に、落ちる時もあります
開く時に気をつけてくださいね!


私のピースレイアウターの大きさは100センチ角くらいの物を使ってます。
サイズは大きいものはそのまま使うか、使いやすく切って私の
ように配色してそのままピーシングするときにつかってもいいかも。。。

他に・・・・

配色したまま持ち運びたい時など(外出や教室など)
布は何度もくっついたりはがせたりするので、壁にかけて配置をチェック
難しい配色やグラデーションをつけたりしたい時など。

このようにイロイロな用途で使えます。



触った感じはなんとなく、厚手のネル地に似ていて、表裏は同じ手触りでどちらも布がくっつきます。

ただ。ハギレからでる、糸くずもドンドンくっつきます。笑

まぁ、布をくっつけるのには支障はありませんが。。。
糸くずは、手で取るのは面倒なので、ガムテープやコロコロなどで
時々取るといいと思います。





パッチワークは作る作品によっては、とても時間が掛かりますよね。
それこそ何年も。。。とか
ピースレイアウターは、ある程度配色しておけば、後は、少し時間があるときにでも
さっと取り出して、使うことが出来るので
縫う時間に少しでも多く時間が取る事ができて
準備の時間が少しでも減らせるようになりました。
このピースレイアウターはそんな時間短縮にとても役立ってくれています。


参考商品リンク 楽天でピースレイアウターを探してみる♪







  楽しむキルトノートトップ楽しむキルトノートピースレイアウター