ズボンの裾上げ

パッチワークサイト 楽しむキルトノート

楽しむキルトノートサイトマップ無料型紙 楽しむキルトノートについて・・・

楽しむキルトノートトップ ハンドメイド>ズボンの裾上げ

ズボンの裾上げ






ズボンの裾上げ。裾上げは、買う本人がお買い物に行って、
お店ですそをあげてもらうと無料の場合が多いですが、
500円から1000円以上する場合もあります。

家は息子や旦那さんが一緒に買いに行く場合が少ないので、
自宅で裾を合わせて裾上げする事が多いんです。
お家でもなれると簡単で便利ですよ〜という感じでご紹介です。
今回はデニムのジーンズでご紹介

ズボン裾上げ
まず、着る本人に履いてもらい、長さを見ます。
うちではかかとぎりぎりくらいの長さにあわせ折っています。
好みの長さに合わせてください。

ズボン裾上げ2
折った長さが全体に均一か定規ではかります。
ズボン裾上げ3
裾から3cm上に線を引きます。

ズボン裾上げカット
線のところをカットして、ジーンズをひっくり返しました。
この状態で、出来上がりより3cm長い状態です。

ズボン裾上げ縫い方

三つ折りにしてマチバリで留めます。大体3cm長く切っているので
三つ折りして長さが合うところで・・・

ズボン裾上げ縫い方 ミシン
縫います、ジーンズなどでは厚手用の糸を用意します。
糸は目立たない色を選びます。私は毎回茶色を使っています。
少しくらい色が違ってもあまり目立ちません。
デニム裾上げ糸

縫う時は、縫いやすい所(布の重なりが少ないところ)からはじめて返し縫いします。
布が重なる部分はミシンも進みにくいし、針が折れる可能性もありますので
ミシンの様子を見ながら手で一針一針ミシンを回し進めます。
裾上げ仕方
子供のジャージ生地や、ニット生地などの場合は、できれば糸はニット用の糸で・・・

スーツのズボンやスカートの裾などは、なるべく購入時に、買ったお店丈をであわせてもらうように
したほうがいいですが、もし自宅で縫う場合。
裾上げ手縫い
出来上がりの長さを決めて縫い代分を残し切ります。(3cm〜
裾部分をロックミシンまたはジグザグミシンで処理して出来上がり線のところでアイロンで内側に折ります。

縫い目が目立たないように、手縫いでまつりぬいします。
表にあまりひびかないように丁寧にまつります。







楽しむキルトノートトップハンドメイドズボンの裾上げ